ゴールの世界は現在形で

今日は「ゴールの世界は現在形で」ということをお伝えします。
コーチングの世界でゴールとは、「こうなったらいいな」と思う自分の姿、世の中の様子のことで、「現状の外で、達成方法がわからないもの」「なんとしても自分が達成したいこと」を設定します。
すでにゴールや、仮のゴールを設定した方は、毎日寝ても覚めても、ゴール側の世界にいる自分の様子や感情を、できるだけ具体的に、臨場感高く思い描いていることと思います。
そのときに一つ、注意したいことがあります。
「ゴールは現在形で」ということです。
「もっとお金が欲しい」「今の仕事をやめたい」「投資で暮らせるようになる」といった表現は、裏を返せば「今はお金が不充分だ」「今は辞めたいような仕事を仕方なくやっている」「今は投資でくらせていない」という現実を繰り返し脳に刷り込んでしまっていることになります。
ゴールの世界をイメージする時、「~したい」「~になる」という表現をつかってはいけません。
必ず現在形で、すでに達成しているかのように表現します。
「私は充分なだけのお金を得ている」「私は◯◯の仕事につき、△△を実現している」(職業につくこと自体はゴールになりません。その職業で何をなすかをイメージします)「私は投資で暮らしている」
そして、これにポジティブな感情を付け加えます。感情を入れるのはとても重要です。人は強い感情の入ったゴールに、より臨場感を感じやすいからです。
「私は充分なだけのお金を得ているので、心がとても安らかだ」
「私は◯◯の仕事につき、△△を実現していることに、日々心地よい責任感と充実感を感じる」
「私は投資で暮らしていて、自分の時間を自由に使えていることがとても誇らしい」
なんだかとても素晴らしいと思えてきませんか?
あなた自身のゴールも同様に、現在形で、感情をつけて表現してみてください。
まずゴール側の世界での自分をイメージし、次にそれを言葉にするのです。
そして、その言葉を、毎朝毎晩、口に出して言ってみてください。
すると、あなたのコンフォートゾーンは、自然とゴール側へ移っていきます。
(コンフォートゾーン:自分が快適だと思う領域。コーチングではこれをゴール側へずらすことでゴールを達成します)
苦しい鍛錬や必死の努力ではなく、ただイメージを言葉にし、繰り返し口にするだけでいいのです。
あとは脳の無意識に任せましょう。
今日は、「ゴールは現在形で」ということをお伝えしました。
コーチ小堤明子

投稿者: コーチ小堤明子

コーチングを通じて、人が本来持っている能力を充分に発揮し、成長し続けることをサポートします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。