お母さんが聞き逃さない言葉

今日の昼、家の近所で耳にした会話。

幼稚園帰りの女の子とお母さんが二組、並んで歩いていました。

 

一人の女の子が立ち止まって言いました。

「ママ、あしいたい!」

するとお母さんが、

「オシッコ!オシッコなの!もうちょっとでおうちだから我慢して!!」

女の子はちょっと困ってから

「足がいたいの~」

 

―――

幼児のいるお母さんは、子供のオシッコやウンチという言葉にとても敏感です。

本当は違う言葉であっても、似たような言葉であれば逃さず認識します。

 

 

一方、私には最初の一言が「ママ、足痛い!」と聞こえていました。

 

それは私がその女の子のママではないので、彼女のオシッコに関心を持たなくていい立場だからです。

 

さらに言えば、私の子供達はもう大きくなり、四六時中トイレを気にする歳を過ぎたからかもしれません。

(そういえば私も、息子が小さかった頃、なにか言うと全部「ウンチ」に聞こえていた時期がありました。娘に「ママ、違うから!!」と指摘されたことも何度もありました。)

よくある聞き違いですが、ここにコーチングの重要な要素が隠れています。

 

 

コーチングでは、脳の性質として、

『人は五感から入る情報のうち、自分にとって重要だと思うことだけを選んで認識します。

全てを認識するには膨大な情報処理が必要となり、そのエネルギーを作り出すことは、私達の消化器官ではできないからです。』

と説明します。

 

そのお母さんは、子供が生まれたことで、オシッコのサインを聞き分けられるようになったのでしょう。

決して、生まれながらにその能力を持っていたわけではありません。

過去は関係ないのです。

今それが必要だから、その力が自然と備わったのです。

 

 

同様に、

私たちは、現状の外に、何が何でもやりたい重要なこと(コーチングでいうところのゴール)を設定するだけで、自然とそれに関する情報が入ってくるようになります。

そこには努力は要りません。

自然とそうなるのです。

 

本当にそれだけ?

そうはいっても、実際にはゴール達成には大変な努力が必要でしょう?

 

という方に対してもわかりやすい事例だったので、ご紹介しました。

(写真はすっかり大きくなった息子。心配事はオシッコから別のことへと変わってきています。)

―――

ライン講座『コーチ小堤明子のなりたい自分になる方法』では、このような内容を配信しています。

私達の身の回りに起きる身近な出来事を題材に、コーチング理論をわかりやすく解説。

 

理論を学ぶだけではなく、普段の思考のクセやセルフトークをちょっと変えるだけで、人生が劇的に変わることを体感していただきたい!という思いで書いています。

 

子供を持つお母さんに向けてはじめましたが、今はどんな方にも、何らか得るところがある内容を配信しています。

 

受講は無料。

登録方法は以下のとおりです。

  • コーチ小堤明子の「なりたい自分になる」講座

今とは違う自分になりたい方のご参加をお待ちしています。

https://line.me/R/ti/p/%40wcq9508r
または
@wcq9508r

お気軽に友達申請ください                   !

 

コーチ小堤明子

投稿者: コーチ小堤明子

コーチングを通じて、人が本来持っている能力を充分に発揮し、成長し続けることをサポートします。