want toで人生を切り拓く!佐藤マスターコーチとの衝撃の出会い

苫米地式コーチング認定コーチ 渡部みわ子さんのランチ会に参加しました。
前日に急遽決まったという、苫米地式コーチング認定マスターコーチ、佐藤義治さんのご参加。
 
一体どんな方だろうと、とてもわくわくしながら当日を迎えました。
佐藤さんは、古武術の師範代をされていて、レストランに登場された瞬間から、ものすごい存在感です。
分厚い身体から、なんとも言えない気を感じました。
 
 
 
ところが、、、
ランチ会が始まると、みわ子さんと佐藤さん、お二人のお話が止まらず、その面白いこと面白いこと!
 
 
「体感派」とご自身たちを位置づけたお二人の、あまりにも自由で完全want toの生き方に、コーチである私も思わずのけぞる位でした。
 
 
 
佐藤さんは音楽がお好きで、カバンから音楽関係の機器を次々と嬉しそうに取り出し、一つ一つていねいに説明してくださいました。
音楽の機器について語る佐藤さんは子供のようで、「これが趣味のゴールを持つということか!!」という、ザ・お手本という感じでした。
心からお好きなのだということが伝わりました。
 
よく、「趣味のゴールは最もわかりやすいので、まず趣味のゴールから設定しましょう」などとお話するのですが、本当に好きなことは、体が自然に動き出すものだということがよくわかりました。
 
 
 
コーチとして圧倒的な力を持つお二人の、自由すぎるほどのトークに圧倒されながらの2時間は、楽しくも有意義な時間となりました。
ランチ会の途中から、私も自分のやりたいことがはっきりと見えてきて、もう早く動きたいという気持ちでいっぱいになりました。
それまでなんとなく先延ばしていたことに対し、佐藤さんとみわ子さんから背中を押していただいたランチ会でした。
コーチ小堤明子

投稿者: コーチ小堤明子

コーチングを通じて、人が本来持っている能力を充分に発揮し、成長し続けることをサポートします。