「両方取る」と決める!

「お母さんがやりたいことをやって、子供との関係もハッピーになるためのお茶会」を開催しました。

参加者はいずれもお母さんの起業家です。

私も含め、全員に小学生の子供がいます。

その子たちは今、夏休みの最中です。

「夏休みの外出、子供をどうしてきましたか?」

から、お茶会がはじまりました。

このお茶会は、

「自分のやりたいことをどんどんやっていると、子供のことを尊重できているかが気になる」

という声をいただいたことがきっかけでした。

やりたいことがあって起業し、事業が広がるにつれ、

・子供と過ごす時間が少なくなる

・子供が「仕事をしないで、自分と一緒にいて」と言う

といった悩みがでてくることがあります。

そんな時どう考えればよいのか?

お茶会にて参加者の方とやりとりを進めるにつれ、ポイントが見えてきました。

・自分が好きなことをやらせてもらっているのは、(家族にとっては悪いことなので)申し訳ない

言葉の端々から、このような気持ちが感じられました。

自分がやりたいことをやってハッピーになれば、子供(家族)は不快になる。

本当はもっとやりたいが、子供(家族)のために、今は自分のやりたいことを我慢するしかない。

このような考えが無意識の中にあることに気づいたところで、

本当にそうでしょうか?
思い込み(刷り込み)ではありませんか?

と、お伝えしました。

ワーク・ライフ・バランスという言葉に象徴されるように、

・仕事と生活は天秤にかけるもの、

・一方を充実させれば他方は損なわれるもの、

という思い込みが私達にはあります。

その思い込みを外し「両方とる」と決め、その状態をゴールとして設定してはいかがでしょうか?

とお伝えしました。

そんなの無理、なぜならばどうやっていいかわからないから。

そう感じたら、それは正しいゴール設定です。

コーチングでは、ゴールとして、

「現状の外にあり、達成方法がわからないもの」

を設定します。

なぜなら、現状の中のものを目指したら、「現状どおり」が続いてしまうからです。
現状の外のものを設定して初めて、今まで見えていなかった情報が見えてきて、人生を飛躍的に変えていくことができます。
自分がやりたいことをやり、子供もハッピー、と、まずは目指す姿を決めてしまうこと。
その姿をすでに自分が達成していると強くイメージし、臨場感を上げること。

そうすれば、そうなるために必要な情報を、脳はキャッチするようになります。
なぜなら、人間の脳は、自分にとって重要なことを選んで認知する性質があるからです。
重要なことを変えた瞬間から、入る情報が変わってきます。

ゴールの設定が先。
達成方法は後。

この順番が逆だと、方法がわからないからできないと諦めてしまい、脳の力を充分に使えないのです。

理屈はわかるけど、実際にそんなことができるの?という疑問が当然でてきます。

そこでお茶会では、私自身の体験も含め、様々な具体例をお話させていただきました。

理論だけでなく具体例もあると、納得の度合いが違います。

「私にも出来る」という確信が高まります。

参加者の方々からは、
「今ちょうど自分のやりたいことが見えて来た時期で、ますます加速していけそうです」
「学んだことを今日からやってみます」

など、嬉しいご感想をいただきました。

ーーー

「私にはできる!」という確信(エフィカシー:ゴール達成への自己能力の自己評価 )が、ゴール達成への障害を乗り越えていくためには必須です。

お茶会にて、エフィカシーを上げるためにはどうしたら良いですか?
という質問をいただきました。

お茶会の中でも幾つかお伝えしましたが、その内容を今後、LINE@でも配信していきます。

●LINE講座 コーチ小堤明子の「なりたい自分になる」講座

今とは違う自分になりたい方のご参加をお待ちしています。

または
@wcq9508r
お気軽に友達申請ください !
コーチ小堤明子

投稿者: コーチ小堤明子

コーチングを通じて、人が本来持っている能力を充分に発揮し、成長し続けることをサポートします。