人は自分が重要と思う情報を認知する

小5の娘は、パリに行くことが夢です。
パリのガイドブックを机に置き、パリの写真を枕元に貼って、パリにいる自分をいつもイメージしています。
娘は、フランス語を駆使して美術館やカフェを楽しむことを臨場感高くイメージしている様子ですが、残念ながら家族は誰もフランス語ができないので、娘はフランス語のCDつきテキストを自分で買い、聞きながら勉強しています。
先日、近所に住む知人のブログで、フランス人の先生に英会話を教わっている、という記事を見ました。
近所のカフェで月1回、マンツーマンでレッスンを受けているとのこと。
先生は、言語についての知識も豊富な好青年だそうです。
なんとその先生との出会いが、先生がカフェで別の方にフランス語のレッスンをしているところをたまたま見つけ、声を掛けたというのです。
早速話を聞いてみると、日時や場所、頻度や価格も私達の希望に合いそうです。
娘に聞いてみると、「やりたい」というので、体験レッスンを申し込みました。
現在日程調整中で、娘は早くもわくわくしています。
私がブログの記事を見つけたのは、決して偶然ではありません。
人は、5感に入ってくる情報のうち、自分にとって重要な情報だけを認知し、他はスルーしてしまいます。
全ての情報を処理するには膨大なエネルギーが必要ですが、私達の消化器官ではそれを作り出せないからです。
娘の「パリに行く」という強烈な思考の影響を受けて、私の無意識は「パリ」や「フランス語」に関する情報を認知し易い状態になっています。
その状態でフェイスブックの記事を眺めていたから、知人の投稿が目に止まり、ブログの記事を読むに至ったのです。
小学生に個人レッスンなんて贅沢すぎる、とか、学校の勉強もままならないのにフランス語なんて、という考えであれば、レッスンの実現自体ありえないのでしょうが、私は子供がやりたいといったことはまずはやらせてみようという考えなので、娘の希望に沿って事を進めています。
この話は現在進行形です。
これからどうなるのか、娘も私も楽しみにしています。
この内容は、ライン講座「コーチ小堤明子 なりたい自分になる講座」にて配信した内容です。
ライン講座ではこのように、日々の暮らしの中にある物事を事例に、コーチングの観点で解説しています。脳の仕組みと働きを知り、日常生活の様々な場面で活かすことで、あなたの人生は劇的に変化していきます。
今とは違う自分になりたい方のご参加をお待ちしています。
ライン講座「コーチ小堤明子 なりたい自分になる講座」

https://line.me/R/ti/p/%40wcq9508r
または
@wcq9508r

まで、友達申請ください!

コーチ小堤明子

投稿者: コーチ小堤明子

コーチングを通じて、人が本来持っている能力を充分に発揮し、成長し続けることをサポートします。