息子の大好きな坂本龍馬

めったにドラマなど見ない私ですが、坂本龍馬が大好きな小1息子の願いで、29日にNHKBSで放送された「龍馬の遺言」というドラマを録画し、「ママのお膝で見る」という息子を膝に乗せて一緒に見ました。

諸外国のことを学び、日本国内で争っている場合ではないと悟った龍馬は、日本を一つにするという新しい国家の形を思い描きます。
実現を確信している竜馬と、藩ごとに政治を行っている現状とはあまりにも異なる龍馬の構想に、恐れを抱き、躊躇する周りの人達。
その中の一人が、恐れのあまり竜魔を暗殺する、という筋書きです。

息子にはまだ難しいところもあったようですが、高い理想を掲げて突き進んだ竜馬をますます好きになった様子でした。

私は、現状から大きく離れた未来を怖いと感じるのは昔の人も同じなのだなあ、などと思いながら見ていました。

子供達には、現状にとらわれずに思考し、自分も含めた沢山の人の利益を考える大人になっていって欲しいと感じたひとときでした。

コーチ小堤明子

投稿者: コーチ小堤明子

コーチングを通じて、人が本来持っている能力を充分に発揮し、成長し続けることをサポートします。