“ゴールめがね”

いつもお世話になっている美容室へ行ったときのことです。

美容師さんがおしゃれなめがねをかけていたので、どうしたのですか?と尋ねると、
「いろいろなものが見えすぎるので、めがねをかけて視野を狭くすることで、仕事に集中できる。」

とのこと。

そのお答えに驚きました。

私にとって、めがねは視力を矯正するための道具です。
ふだんめがねをかけ慣れている私は、眼鏡で視界が狭まると感じることはほとんどありません。
眼鏡のフレームが視界にあることは当たり前なので、五感から情報はインプットされていても、脳の情報処理でみえなくしているのです。

(詳しくは、「娘の眼鏡」)

一方、美容師さんにとっては、眼鏡はあえて視野を狭くし集中するツールということです。

伊達めがねにそのような役割があるとは、思いもしませんでした。

かけることで見えるものを限定し、仕事に集中する道具。

なんだかコーチングのゴール設定に似ている、と思いました。

(ゴール:有りたい姿、なりたい状態など。現状の外に設定する。)

ゴールを設定すると、無意識はゴール達成に必要な情報を認識・収集しはじめ、結果としてそれまで見えていなかった達成方法を見出すことができます。一方ゴールに無関係の情報は、スコトーマ(心理的盲点)に隠れ、みえなくなります。

ゴールを設定して生きることは、自分の心にキリッとめがねをかけるようなもの、というイメージができました。

コーチは、クライアントさまのゴール設定のお手伝いをさせていただきます。

あなたにぴったりの、”ゴールめがね”を、探してみませんか?

◯ライン講座「コーチ小堤明子なりたい自分になる講座」
コーチングを日常生活に役立てる情報が満載です。
または
@wcq9508r
まで、お気軽に友達申請ください。
○「誰かのために」という思いで起業しているお母さんの会、にご興味がある方へ。
詳細はこちらです。
○コーチ小堤明子のトライアルセッションにご興味がある方はこちらからどうぞ。
コーチ小堤明子

投稿者: コーチ小堤明子

コーチングを通じて、人が本来持っている能力を充分に発揮し、成長し続けることをサポートします。