「交代させられた時のことはな・・・」

子どもたちが夏休みに入りました。

勉強や絵の制作(タブレットで電子的な絵を描くのに最近凝っている)に忙しい娘とは裏腹に、ひまをもてあます息子。

毎日、お気に入りのテレビ番組の録画を見返しています。

なかでも、バレーボールのアニメ「ハイキュー!!」は特に気に入っていて、毎日何回も繰り返して観ています。

子どもと一緒に見る番組以外、テレビはほとんど見ないのですが、スーパー戦隊でも仮面ライダーでも、子どもたちが好んで観る番組では結構いいことを言っていると、以前から感じていました。

今も、息子が見ている「ハイキュー!!」で、これだ!と思ったセリフがありました。

へまをしたら交代させられる、と思って緊張し、全く動けない主人公に対して先輩が言った言葉が、

「交代させられた時のことはな・・・

交代させられた時に考えろ!!」

これはアニメだからとても面白いシーンなのですが、よく考えてみると、私たちの生活にも、このような場面はよくあります。

私たちはよく、「こうなったらいやだな、こうなったらどうしよう?」と思うことがあります。

それが、最悪の場合を想定してのリスク対応であれば意味があります。

この時はこうしよう、と最悪の事態をあらかじめ想定しておけば、何が起こっても想定内ですから、余裕をもって対応することができます。

問題なのは、なんとなく不安、なんとなく嫌だ、という気持ちで頭の中がいっぱいになってしまい、どんよりと思考停止してしまうことです。

こんなときの脳の状態はリラックスとは程遠く、解決に向けたよいアイディアがでてくる状態にはありません。どんどん不安だけが膨らんでいきます。

まず思考があり、その思考が現実をつくりだしていきますから、悪い想像は往々にして事実となります。すると「やっぱり!!」と、ますますその想像を強めてしまうのです。

これを断ち切るのが、先ほどの先輩のせりふです。

最悪の事態を考えて備える、以外の、ただの不安でいっぱいになってしまったときに、

「それは未だ起こっていないことだ。」と気づくことができれば、その不安でいっぱいの状態を止めることができます。

冷静に思考を働かせることで、脳の前頭前野が活性化し、際限ない不安から脱出することができます。

息子が大好きで何度もリピートしてみているこのシーン、息子だけでなく私も、目と耳と心で焼き付けておきました。

このセリフは、この先きっと、息子と私を助けてくれます。

ーー
◯ライン講座「コーチ小堤明子なりたい自分になる講座」
コーチングを日常生活に役立てる情報が満載です。
https://line.me/R/ti/p/%40wcq9508r
または
@wcq9508r
まで、お気軽に友達申請ください。
○コーチ小堤明子のトライアルセッションにご興味がある方は、こちらからどうぞ。

○「誰かのために」という思いで起業しているお母さんの会、にご興味がある方へ。
お茶会は、8月は夏休みをいただきます。次回は9月開催。
詳細はこちらです。
コーチ小堤明子

投稿者: コーチ小堤明子

コーチングを通じて、人が本来持っている能力を充分に発揮し、成長し続けることをサポートします。