大人の夏休み

先日は、息子が遊園地に行きたいというので、花やしきに行きました。
花やしきは浅草にある老舗の遊園地で、小さい子どもや外国人観光客も多く訪れる名所です。

その日は、ローラーコースター他、息子が乗るのを楽しみにしていた四つの乗り物が運休ということで、ちょっと残念そうでしたが、それでも午前中はいろいろな乗り物に乗って過ごしました。

花やしきには、いわゆる絶叫系の乗り物が二つありますが、息子は怖がって乗ろうとしません。

どちらもガラガラに空いていてすぐ乗れそうなのに、です。

息子は身長130センチを超え、せっかく今回初めて身長制限もクリアしたのに何で~、と、私は思いましたが、息子がどうしても乗ろうとしないので、本当に残念な気分でした。

(私は子供のころ、兄は乗れたのに身長制限で自分だけ乗り物に乗れなくて大泣きしたことがあります。)

というのも、私はこの20数年間、子供達とジェットコースターなど、高くて速い乗り物に乗るのを、とても楽しみにしていたからです。

夫と付き合い始めるまでの私は、ジェットコースター大好きで、どこかの遊園地に新しい乗り物ができたと聞いたら早速乗りに行くようなタイプでした。

夫は高いところが苦手、ジェットコースターはもちろん観覧車も乗れないとわかった時、私は、将来子供が生まれたら、その子供達と一緒に遊園地に行って、スリルいっぱいの乗り物を楽しもう、と決めたのです。

それから20数年たって、子供達も大きくなり、ようやくその機会が訪れたと思ったら、なんと息子も苦手だったとは!!

私は相当がっくりしながら、午前中平和な乗り物に息子と乗って過ごしました。

ところで、花やしきには、木製の立体迷路があります。

フリーパスでは入れず別料金なので、息子は「迷路はやれないよね」などと言っていましたが、それを聞いた私はいいことを思いつきました。

息子が立体迷路をやっている間に、私が一人で乗り物に乗ってくればいいのだと。

私はニコニコと昼ご飯を食べ、大喜びの息子を迷路に連れていき、お金を払い、迷路に乗り込んでいく勇ましい後姿を見送ると、さっそく一つ目ののりものに向かいました。

何名様ですか?と乗り場のお姉さんが聞くので、一人と答え、乗り物に乗りました。

一つ乗り終わると、次の乗り物に乗りました。

その楽しかったこと!!

まさに、大人の夏休みを感じた瞬間でした。

立体迷路に戻ると、すでにゴールしていた息子が、中で友達ができて一緒にクリアした、と話してくれました。

このような迷路ではいつも姉の後をついていくだけだった息子にとって、自分の力でクリアできたことはとてもうれしかったようでした。

息子が迷路をやっている間に乗る、という選択肢は、完全にスコトーマ(心理的な盲点)でした。

これを思いつかなければ、なんとなくイライラしながら家路についたと思います。

20数年も前から、将来遊園地の楽しい乗り物に子どもと乗る、と強烈に決めていたことで、子どもと一緒に遊園地に行き、かつ一人で乗るという選択肢は見えていなかったのでした。

正確に言うと一度、ママだけ乗ってきていい?と息子に聞いたのですが、一人で他の乗り物に乗るのも、待っているのも嫌だという答えだったので、そこであきらめていました。

立体迷路を一人でクリアした息子も、乗りたかった乗り物に乗れた私も、大満足で花やしきを後にすることができました。

やりたいことはあきらめず、やると決めていれば、方法は脳が導き出してくれるものだと、この日もまた実感したのでした。

絶叫マシンを親子で楽しむことについては、今回塾で遊園地にいけなかった娘に期待することにします。
写真に写っていませんが、この乗り物は塔の下部に椅子があり、合図とともにビューっと上にあがります。 花やしきにはこれまでにも何度か行きましたが、今回初めてこの乗り物に乗ることができました。上がった時の浅草の眺めは爽快でした。
◯ライン講座「コーチ小堤明子なりたい自分になる講座」
コーチングを親子の楽しい生活に役立てるための情報が満載です。親子向けに始めましたが、どなたにも楽しんでいただける内容になっています。
https://line.me/R/ti/p/%40wcq9508r
または
@wcq9508r
まで、お気軽に友達申請ください。
○コーチ小堤明子のコーチングセッションにご興味がある方は、こちらからどうぞ。

○「誰かのために」という思いで起業しているお母さんの会、にご興味がある方へ。
お茶会は、8月は夏休みをいただきました。次回は9月開催。
詳細はこちらです。
コーチ小堤明子

投稿者: コーチ小堤明子

コーチングを通じて、人が本来持っている能力を充分に発揮し、成長し続けることをサポートします。