ゴールがたくさんある暮らし~お茶会にて

先日、リッツ・カールトン東京 ロビー&ラウンジにて、お茶会を開催いたしました。

ご参加いただきましたのは、カラーアートセラピストで、ハーバリウムのお教室なども開催されている斉藤裕子さんと、お知り合いのMさん。

Mさんとは初対面でしたが、以前から私のブログを読んでくださっていたということで、とても感激しながらのお茶となりました。

落ち着いた雰囲気のお二人とアフタヌーンティを楽しみながら、夢やゴールについて、子育てや人間関係、日々の過ごしかたのちょっとしたヒントなど、コーチングの理論と事例を交えながら、お話させていただきました。

その中の一つ、
やりたいことかどうか、わからないことがあった時にどうするか?
というご質問にお答えしていたら、「ゴールがたくさんある暮らし」という、面白いイメージができました。

コーチングでは、人生の各方面(職業、健康、趣味、ファイナンス、家族、地域活動、社会貢献、生涯学習など)に、それぞれゴールを持つことをお勧めします。人生のゴールは、仕事だけ、お金だけなど、一つである必要はなく、むしろたくさんあった方が、各々のゴールを目指す過程で新たな発見があり、ほかのゴールを達成するヒントになることも多いからです。

ゴールがたくさんあるとどうなるか?

各々のゴールはすべて、自分がどうしても達成したいもの、止められてもやりたいことです。

そのゴールがたくさんあると、ゴール達成に関することに時間やお金を使いたくなり、やってもやらなくてもいいことや、ゴールに関係がないことに、時間やお金を使うことはなくなります。

やりたいことかどうかわからないことに時間を使うかどうか迷うということは、ゴールがないか、ゴールがたくさんないかのどちらかなのではないか?と答えました。

お話のなかで、私の頭の中に、親鳥がひな鳥たちに餌をもって帰るシーンが目に浮かびました。
餌を持って帰った親鳥は、口を開けている雛の口に餌を押し込みます。

雛かどうかわからないものや、口を開けていない雛には餌はやりません。

自分の中にある、愛すべき自分のゴールたちに、せっせと餌を運ぶ。

そんなイメージが浮かびました。

そんなイメージをお伝えしたり、ご参加者様の質問にお答えしながら、素敵な時間はあっという間に過ぎていったのでした。

お茶会は、参加者様とのやり取りをしながら、その場の話題を選び、限られた時間に少しでも喜んでいただけるように、何かヒントを得ていただけるようにと思いながら時間を過ごしていきます。

この適度な緊張感と、参加された方の笑顔を見た時の充実感に手ごたえを感じる時、私はプロコーチとしてお茶会を開催することが大好きなのだと実感します。

ご参加いただき、誠にありがとうございました。

〇ハーバリウムコーディネーター 斉藤 裕子さんのブログはこちらです!
横須賀を中心に、ハーバリウム、曼荼羅アートなど、多彩な活動をされています。
私も娘と、糸掛け曼荼羅を習いにいきました。優しい雰囲気の先生です。

〇小堤明子のプライベートお茶会を開催します。

今の自分に満足していない方へ。
気の合うお仲間とご一緒に、コーチ小堤明子のお茶会に参加しませんか?
ご希望の日にちを調整させていただき、お二人以上から開催いたします。

話の内容も、ご希望に合わせて設定いたします。

ご参加いただいたその日から、違う景色が見えるようになりますよ。

お申し込み・お問合せはこちら→https://ws.formzu.net/fgen/S94086875/

コーチ小堤明子

投稿者: コーチ小堤明子

コーチングを通じて、人が本来持っている能力を充分に発揮し、成長し続けることをサポートします。