やりたくないことをやるとどうなるか

3月はじめから子どもたちの休校が続き、3か月間ずっと子どもたちが家にいる状態でした。

育児休職を除き、夏休みよりも長い間、子どもたちと過ごすのは初めての体験だったので、いろいろ得難い経験をしました。

一番インパクトがあったのは、「やりたくないことをやるとどうなるか?」という体験です。

小学4年生の息子の、休校期間中の毎日の過ごし方は、

・ゲーム実況の動画をみる
・ゲームをやる
・ゲームを作る
の3つで構成されています。

ゲームを作っていて傑作ができると、「ママやって~」と呼ばれます。

たいていは「はーい」と言って、普通にやります。下手だのなんだのと散々言われながらも、よくこんなのを思いついたな、と関心しながら、楽しくやっています。

あるとき息子が作ったゲームは、「スーパーマリオ」のような、いわゆるアクションゲーム。

私は元々あまり好きではありません。
しかも、息子の作ったものはとても難しく、私は失敗ばかりしていました。
失敗すると最初に戻ってしまうので、全然前に進めません。
私は次第にやりたくなくなってきました。

やる気がなくなると、一生懸命に取り組まなくなるので、はじめのころはできたところもできなくなり、私はとても不機嫌になりました。

「ママはやりたくないからもうやめる」と息子に言ったら「だめ」というので、息子がやってほしいなら、と、仕方なくもう少しだけやろうかな、と思い直しました。

ここで、ここ何年も感じたことのない感情が、ふつふつと湧き上がってきたことに気づきました。
「なんでこんな時間の無駄なことをやらせるの!やりたくないって言っているでしょう!」と、思わず口にしていました。
頭の中でアラームが鳴り響き、これはダメ、have toをやっているからだ、と気づいたのですが、怒りで冷静に考えることができません。

私があまりにも怖い顔になったので、息子が「もういい」と言いました。

それで私はほっとして、息子から離れました。
私はすぐに、「今のは私らしくなかった」と思い、今度からどうしようかと考えました。

息子は私に、私が嫌いなゲームをやらせたかったわけではありません。自分の作ったものを、普段なら友達にやってもらうのに、何か月も友達と遊んでいないから、家にいる私にやってもらいたかっただけです。

私は息子の気持ちを満たそうとして無理してゲームをやったのですが、その方法でなくても、息子の気持ちを満たすことできる、と考えました。
私は息子のところに行き、「いつもすごいゲーム作っているの、ママはよく知っているよ。次からアクションゲームはパパにやってもらおう」と言いました。
息子は、「うん、ママはいつもにっこりしてて欲しい」と言いました。
私はわかったと言いました。

以上が、私の貴重な体験です。

ーーー

なぜ貴重かというと、

私は普段、「have to~」のことは一つもしないからです。

何らかの場面で、胸がざわざわしてきて「あ、これはやりたいことを外れている」と気づいたときには、事前にうまく回避します。

(やらなくてすむようにするか、抽象度を上げてゴールに結びつけてしまいます。)

今回、やりたくないことをそのままやってしまったので、久しぶりに、本当に久しぶりに「have to~のことをやると、どれだけ悪影響があるのか」を、身をもって知りました。

こんなひどい気持ちに日常的になっている人が、世の中にはきっとたくさんいるのだ、と思うと、やはり私はやりたいことがある、と気持ちが新たになりました。

そしてもう一つ気づいたことは、ここ数年は実際に「have to~」だけやって生きてきたのだ、ということです。

「コーチはhave toは一つもやってはいけない」と、かつてコーチングの先生に教わったことを思いだします。

そんなの無理じゃないの?と初めて聞いた時には思いましたが、できると思って実践してきたから、今ストレスなく毎日を過ごせているのだと、コーチングを学ばせていただいていることに、あらためて感謝しました。

息子は夜寝る前に気が向いたら、学校からでている宿題をやります。

やりたいものは丁寧にやり、やりたくないものは全然やらず、私が「これやったら?」などというと、わざとものすごく汚く書いたり、わざと間違ったことを書いたりします。
それをみて私は、「ああ、これはhave toをやらせてしまっているな」と気づきます。
その時の嫌な気分を私も久しぶりに味わったので、息子がどんな気持ちか、手に取るようにわかります。

今は課題をやらないでも構わない。

息子が何か大きな夢を見つけたら、それに向かって必要なことはすべてやりたいことに変わるので、何も心配していません。

そのために親にできることは、息子が興味を持ちそうなことを、色々見せてみることだと、私は思っています。

6月から分散登校がはじまり、我が家の子どもたちも少しずつ、学校生活に戻っていくことでしょう。

やりたいことをやり、やりたくないことはやらないで育ってきた我が子たちは、時に社会とぶつかることもあります。
それでも「want to」で生きるためには、夢やゴールを持っていることがとても大事なので、(そうでないと、ただわがままを言っているだけと思われる)それを大事にして、子どもたちを見守ろうと思います。
追伸:

子どもたちのこととは別に、もう一つ「have to」関連の事案があります。こちらは現在進行中なので、決着したら書こうと思います。

ーーー

・オンライン個別相談会
  ただいま企画中。近日ご案内予定です。
・line講座「コーチ小堤明子 なりたい自分になる方法」
 主に、お子さんをお持ちの保護者に向けた情報を書いていますが、今とは違う人生を歩みたい方、どのような方のお役にも立てるよう、執筆しています。

両親の介護のこと

この夏、両親が本格的に介護を必要とする状態になりました。
両親は昨年夏、横浜の実家を引き払い、兄夫婦宅の近くのマンションの一室にて、互いに補いながら老老介護で暮らし始めました。
少しずつ不自由になっていく両親の生活を時折支えていましたが、この夏、変化が訪れました。
8月半ばから、父の骨折、入院、手術、転院、母の入院と続き、付き添い等で家をあけることが多い夏休みとなりました。
子どもたちだけで留守番できる年になってからで本当によかったと、ほっとしています。
フェイスブックのお友達の方々や、同世代の友人からも、親の介護の話を伺いますが、いざ当事者になってみると、経験してみないとわからないことがたくさんあると感じます。
介護保険の制度や使い方も、当事者になって初めて分かることばかりですし、両親の状態が変化するに従い、直面する課題も日々変わっていきます。
大小の決断を要する場面にもしばしば遭遇します。
コーチは心の状態を整えるプロですが、それでも一時は、自分の心の動きに飲み込まれそうになるときもありました。
コーチングの師にもお力添えいただき、いまでは心の体制を立て直すことができています。
自分が介護に直面するまでは、介護している人は大変そうだなという漠然とした思いしかなかったのですが、今では、介護をする人がどんなときにどういう気持に陥るのか身をもって知ることとなり、コーチとしての引き出しがまた一つ、増えていると感じています。
周りをみると、様々な形で親の介護をしている人は本当にたくさんいます。表には現れていなくても、心の中で苦しんでいる方はたくさんいると、今の私にはわかります。
親の介護をしながら、その人自身の気持ちと人生も充実させていく、そんなお手伝いができたらという、新たな気持が湧き上がってきています。
今はその経験値を貯めているときなのだと。
そんな思いも、少しずつ形にしていこうと思います。

無意識の為せる技~久野コーチにサインをいただく

先日、都内ホテルラウンジにて久野和禎コーチにお会いし、ご著書「いつも結果を出す部下に育てるフィードフォワード」にサインをいただくことができました。
久野コーチは昨年、コーポレートコーチング(組織を対象としたコーチング)についての本を共著にて出版されています。
私はその本を読み、著者のお一人である久野コーチといつかお話したいなと、ずっと思っていました。
サインをいただくことになる前日、久野コーチにお声がけできるかもしれない機会があったので、この本を持参していたのですが、その日はお声がけできませんでした。
しかしその翌日、別の用事で都内ホテルのラウンジへ向かうとき、もしかしたら今日何かのはずみに久野コーチにお会いするかもしれないし、ちょうどもう一度読み返そうと思っていたから持っていこう、と、また本をカバンに入れたのでした。
待ち合わせのお相手を待つ間、時間があったので改めて本を読み返していました。
私が最初にこの本を読んだとき一番しっくりきた内容は、「やっぱりPDCAはうまくいかない理由があったのだ」ということでした。
(PDCAというのは、管理業務に用いる手法の一つで、企業等で使われています)
私がまだ会社員だった頃、当たり前のように、PDCAに沿って仕事を進めていました。
そしていつも、私がやりたいことはこんなことではない、というもやもやしたものを抱えながら、日々を過ごしていました。
今、17年弱の会社生活を振り返ると、考え方は常に現状がスタートだったこと、いつも反省や振り返りをして、悪いところを見つけて改善するという発想だったことに改めて気づきました。
本では、このPDCAという方法が、品質管理等の場面で有効であることは確かだが、実際にはうまくいかないことが多い理由を、理論立てて説明されています。
これまで漠然と感じていた違和感の原因を、すっきりと納得することができました。
この本は、題名にもあるように部下を育てる立場の方に向けて書かれていますが、非常に高い抽象度で書かれているので、どんな人にでも、例えば今の私の人間関係にも、大いに役立つ内容です。
先月この本を読んでから、今私が取り組んでいるコーチや陸前高田応援団の活動はもちろん、PTA活動や家族との関わりも含め、人と関わる様々な機会にフィードフォワードを意識するようになり、周りの方々との関係もまた少し変化があったように感じています。
また、コーチとしてクライアントさまとセッションをする実際の場面に当てはめて、なるほどこうすればよいのか!という新たな気付きもありました。
本に記載されている豊富な事例を通じて、小手先のノウハウではなく、コミュニケーションの本質を学ばせていただけたと感じます。
ということを、久野コーチにお伝えする機会があればと思っていましたが、その方法は自分では思いつきませんでした。
しかし、まさに無意識が為せる技、心に思い描いたことが自分では思いもよらなかった方法で実現しました。結果として、久野コーチにサインをいただき、ご一緒にお写真も撮らせていただく事ができました。
久野コーチはとてもとてもお急ぎのご様子にもかかわらず、突然のサインや写真にも快く応じてくださったので、嬉しかったです。
心からの感謝とともに、私も、これからはどんなに急いでいるときでも、人に話しかけられたらこのように丁寧に接しよう、と、心に誓いました。
ご本人にも承諾をいただけたので、ずっと思っていた本の感想を、この機会に投稿させていただきました。
部下を持つ方にはもちろん、コーチでなくても、何らかの形で人と関わる全ての方に、読んでいただきたい本です。

謝恩会に参加させていただきました

先週末は、会員制ホテル「東京ベイコート倶楽部」にて開催されました、

吉田秀幸様の謝恩会にお招きいただきました。

 

吉田様は、世界平和のために活動されている素敵な方で、これまでにもご一緒する機会がありましたが、直接お話をしたことがありませんでした。

 

 

このたび、私のコーチングの師である渡部 みわ子さんからお声がけいただき、吉田様とお会いできる、と、わくわくしながら出席させていただきました。

 

 

改めて会の趣旨を伺いますと、日頃お世話になっている方に、お料理を楽しみながらひとときを過ごしていただくために開催されたとのこと。

 

 
極上のお料理に加え、台湾からいらしたという著名な風水の先生、ゲストの方々のお祝いの言葉、芸人の皆さまや歌手の方によるショータイム、そして、吉田様のお弟子さんやご列席の皆さまからも、吉田様の温かいお人柄が伝わってまいりました。
このような場に参加させていただけたことが誇らしいと感じました。


会の最後に、吉田様とお話させていただく機会があり、これだけはお話しよう、と思っていたことをお伝えできました。

 

 

これから吉田様が、世界平和のための活動に邁進していかれるのを、私も応援させていただきたいと思います。

 

 

そして、私も吉田様のように、お世話になった方々にお礼の気持ちをお伝えする謝恩会を開催しようと、夢が膨らんでいます。

 

 

素敵なご縁に、心より感謝申し上げます。

○「誰かのために」という思いで起業しているお母さんの会、にご興味がある方へ。
7月のお茶会は19日(木)に開催です。
詳細はこちらです。
○コーチ小堤明子のトライアルセッションにご興味がある方はこちらからどうぞ。
◯ライン講座「コーチ小堤明子なりたい自分になる講座」
コーチングを日常生活に役立てる情報が満載です。
または
@wcq9508r
まで、お気軽に友達申請ください。

頭の中で、新しい考えが構築されていく!

 
先週金曜は、苫米地英人アカデミーの第2回講義でした。
 
コーチングの最先端を学べるこのアカデミーに、思い切って参加しはじめてからというもの、私の頭の中では常に、新しいものの見方が構築されています。
 
今までの知識や経験と、新たに入ってきた情報とが頭の中で混ざり合います。
そして、ふと、「これはこういうことだったのか!」という、新たなものの見方が構築されていきます。
(コーチングの言葉で、「ゲシュタルト」といいます。)
 
コーチングセミナーやセッションでの様々な方とのやりとりや、日々の対人関係の中でおこる様々な出来事に、新たな解釈が加えられていき、これからどう生きるか、についてのイメージが次々と湧いて来る感じです。
 
受講者に配信される動画で日々復習を繰り返し、1ヶ月間で様々な考えが浮かんできたところでの2回目受講でした。
 
どんどん脳内が活性化されていくのを感じます。
 
アカデミーで学び、実践することの楽しさを味わっています。
 
あと3回の講座を、とても楽しみにしています。

「他の人のために行動すること」が平和への道 ~ WorldPeaceCoaching2017

先週末10/15、WorldPeaceCoaching2017に参加しました。

 

コーチングを世界に広めることで世界平和を実現する

その象徴的なイベントです。

 

苫米地英人博士の特別講演では、平和への強烈なメッセージをいただきました。

博士のお話から、自分以外の人の利益・幸せも願うことが平和への道と、はっきりと確信することができました。

また、そのために自分がどう生きるかも見えてきて、とてもすっきりした心持ちになりました。

 

講演の後の苫米地博士の機能音源ライブのとき、大音量の音が響き渡る中、頭の中がしんと静まり返っているような感覚がありました。そして、こうありたいと思う自分の姿や思考を、高い抽象度でイメージすることができました。

 

終了後、苫米地式コーチング認定マスターコーチである、主催の青山龍さんとお写真を撮らせて頂くことができました。

昨年のWorldPeaceCoachingでも青山マスターコーチとお写真を撮らせて頂きましたが、今年はいちだんと強いエネルギーを感じました。

青山コーチが高いゴールを見据え、この1年活動してこられたことが伝わってきました。

 

講演者、来場者、そしてスタッフの方々。

ここに集まった人たちは、世界平和を本気で実現しようとしている。

そう強く感じました。

 

そして、自分もその一員であることを誇らしく思います。

 

WorldPeaceCoachingは来年も開催されるとのこと。

その時は勿論、それまでの一年間も、とても楽しみです。

写真で見るのと、実際に足を踏み入れることの違い

私がコーチングを学ばせていただいている苫米地英人博士から、グループセッションを受けるという貴重な機会をいただき、初めて博士のオフィスを訪ねました。

 

コーチ仲間の方々がよく記念写真をアップしていて、博士の動画でもおなじみのオフィスでしたが、いざ実際に足を踏み入れてみると、まずは何本あるか想像もつかないギターの海に圧倒されました。

 

博士の間近にてソファーに座り、抽象度の非常に高い、壮大なお話を伺いました。

修了後、写真や動画でおなじみのソファーで、博士と記念撮影。

ご著書にサインもいただきました。

 

 

博士のオフィスを写真や動画でみているだけだった時と、実際に足を踏み入れた後では、自分の中で何かが変化していて、同じ街の景色でさえ違って見えました。

コンフォートゾーンをずらすためには、非日常の場を実際に訪れることが効果的であることを、身をもって感じました。

戦争と差別をなくすという博士のゴールの一端を共有させていただけることを、誇らしく思います。


○LINE講座「コーチ小堤明子 なりたい自分になる講座」

なりたい自分になる、をテーマに、コーチングの理論や事例を配信しています。

子育て中のお母さんに向けて書き始めましたが、どなたの人生にも役に立つ内容です。

「とてもわかりやすい」と受講者様からご好評いただいています。
入会・退会自由、費用無料です。

今とは違う自分になりたい方のご参加をお待ちしています。

https://line.me/R/ti/p/%40wcq9508r
または
@wcq9508r

まで、友達申請ください!

 

○コーチングセミナー・お茶会

詳しくはこちら→コーチングセミナー・お茶会

want toで人生を切り拓く!佐藤マスターコーチとの衝撃の出会い

苫米地式コーチング認定コーチ 渡部みわ子さんのランチ会に参加しました。
前日に急遽決まったという、苫米地式コーチング認定マスターコーチ、佐藤義治さんのご参加。
 
一体どんな方だろうと、とてもわくわくしながら当日を迎えました。
佐藤さんは、古武術の師範代をされていて、レストランに登場された瞬間から、ものすごい存在感です。
分厚い身体から、なんとも言えない気を感じました。
 
 
 
ところが、、、
ランチ会が始まると、みわ子さんと佐藤さん、お二人のお話が止まらず、その面白いこと面白いこと!
 
 
「体感派」とご自身たちを位置づけたお二人の、あまりにも自由で完全want toの生き方に、コーチである私も思わずのけぞる位でした。
 
 
 
佐藤さんは音楽がお好きで、カバンから音楽関係の機器を次々と嬉しそうに取り出し、一つ一つていねいに説明してくださいました。
音楽の機器について語る佐藤さんは子供のようで、「これが趣味のゴールを持つということか!!」という、ザ・お手本という感じでした。
心からお好きなのだということが伝わりました。
 
よく、「趣味のゴールは最もわかりやすいので、まず趣味のゴールから設定しましょう」などとお話するのですが、本当に好きなことは、体が自然に動き出すものだということがよくわかりました。
 
 
 
コーチとして圧倒的な力を持つお二人の、自由すぎるほどのトークに圧倒されながらの2時間は、楽しくも有意義な時間となりました。
ランチ会の途中から、私も自分のやりたいことがはっきりと見えてきて、もう早く動きたいという気持ちでいっぱいになりました。
それまでなんとなく先延ばしていたことに対し、佐藤さんとみわ子さんから背中を押していただいたランチ会でした。

「教育とコーチング」というキーワードがもたらした選択

「自分が重要と思うことが変わると、見えるものが変わる」ということを、日頃コーチングセミナーでもお話ししていますが、最近私自身がそれを体感しました。
子供たちの通っている体操クラブにて、補助の先生がご都合で辞められることとなりました。
 
指導者がメインの先生お一人になってしまうため、新たなお手伝いの人が必要という状況になりました。
 
私は数年前からこちらの体操クラブにご縁があり、クラブの先生からはなんとなく私に手伝ってもらいたいようなお誘いも受けていたのですが、体操の技術指導には興味がなかったので、あまり真剣に受け止めていませんでした。
その後、脳機能科学者でコーチングの第一人者である苫米地英人博士が「教育とコーチング」についてお話をされている動画を見ました。
これを見た私は、
・教育とは誰のためにやるのか
・プロのコーチこそ、教育を学び実践する必要がある
ということに、強い関心を持つようになりました。
私が今コーチとして行っている、大人に対するパーソナル・コーチングも勿論重要ですが、それに加え、これからの時代を担う子供達のために、コーチとしてできることは?などと漠然と思いを巡らしながら、何度もこの動画を見ていました。
そんなときに、先述の体操クラブから、手伝いを募集する、というメールが来ました。
  
「教育とコーチング」というキーワードが頭に入った状態で改めて募集を見て、これは将来コーチとして教育に関わることに繋がるのかもしれない、とひらめき、引き受けることにしました。
  
内容は、体操の技術指導ではなく、子供の見守り役としてのお手伝いです。
  
 
「教育とコーチング」というキーワードをインプットしただけで、それまであまり関心を持っていなかったお手伝いの募集が、自分のゴールと関連付けられました。
 
 
この体験から、 
何を重要と思って日々を過ごすかで自分の行動が変わる、ということを、机上の論理だけでなく、身をもって実感することができました。
  
  
昨日初めて、クラブの手伝いを行いました。
これからは毎週、子供達と接する機会があります。
そこで子供達とともに学んでいけることが、とても楽しみです。
 
―――
 
※「教育とコーチング」「教育は誰のためか」に興味がある方へ、こちらの動画をご紹介します。苫米地英人博士と、苫米地式コーチング青山龍マスターコーチとの対談動画です。
  

コーチとして、新たな決意が宿る

 
先日、脳機能科学者の苫米地英人博士のコーチングセミナーに参加しました。
 
少し前に、博士の著書「苫米地式 思考ノート術」を読んだばかりでしたので、「ノートには聞いた内容ではなく、自分の認識を書く」という意識で臨みました。
 
すると実際に気づいたことがあり、ノートに書きました。
そして、自分のゴールに関して、新たに思考を深めることができました。
 
充実した時間を過ごした帰り際、博士とお写真を撮らせていただくことができました。
博士はお忙しい中でも気さくに応じて下さって、とても嬉しいです。
 
 
コーチとして新たな決意を胸に抱くこととなった日でした。