娘の勉強スペースで、ひとときを過ごす

6年生の娘に勉強部屋を作ってから、1ヶ月が経ちました。

それまではリビング学習が最強と信じ、居間の一角に娘の勉強机を置いていましたが、弟が大音量でテレビや動画を観たり、ピコピコとゲームをしたりしているリビングが本当にベストな勉強場所なのかなと私自身が疑問に思ったのと、娘がとにかく勉強部屋が欲しいと毎日のように言い続けたので、春休みに少しだけ家を片付け、娘の勉強机を隣室に運び込みました。

部屋の本棚やクローゼットには他の家族のものが置いてあり、まだまだ子供部屋という感じではありませんが、とにかくリビングとは別の部屋を勉強部屋と定めたことで、娘のテンションは上がりました。

親の仕事スペースはないのに(夫も私も食卓で仕事をしている)娘だけなんと贅沢な、とも思いましたが、娘は窓から見える木々を見ながら、ごきげんに勉強している様子です。

よほど気に入ったようで、一月経った今も、いつの間にか机に向かい勉強しているのをよく見かけます。

あまりにも快適そうなので、私も一度、娘に机を借りて仕事をしてみました。

数メートル離れただけですが、リビングとの境のドアを開けたままでも、リビングで家族が色々やっている音や気配がほとんど気にならず、集中して仕事ができました。

私達の脳は、五感から入力される情報のうち、自分にとって重要だと思う情報をだけを認知し、その他はスルーします。

脳がすべての情報を処理するには膨大なエネルギーを必要としますが、私達の消化器官はそれだけのエネルギーを作り出すことができないため、脳は省エネ運転をするようにできているのです。

家にいると、家族の重要度が否応なく高くなり、家族の様子が常に気になるのですが、

家の中にいながら、家族に背を向け、窓の外の景色を眺めなら思考をするひとときは、子どもが生まれてからこれまで一度もなかったことで、とても新鮮で、新たな発想を得ることができました。

子供達から片時も目を離せなかった頃から考えると、ずいぶんと自分の関心事が変わってきたことに、改めて気づきました。

家族も勿論幸せに、そして、もっとたくさんの人たちも幸せに。

子供達の成長とともに、私自身の役割も変わってきたことを感じます。

「誰かのために」という思いで起業しているお母さんの会、にご興味がある方へ。

詳細はこちらです。
ただいま入会いただくと、5月度のお茶会から参加できます。
 —
◯ライン講座「コーチ小堤明子なりたい自分になる講座」
子育て中のお母さんのために始めましたが、どなたにも役立つ情報を配信しています。
または
@wcq9508r

まで、お気軽に友達申請ください。

相手が自分のことをどう思っているかが気になる方へ

新年度が始まり、一ヶ月が過ぎました。

私自身もそうですが、四月に環境が変わり、新たな人間関係に突入した方もいらっしゃるかもしれません。

もし、その中でひと月を過ごし、人間関係に悩み、疲れてしまったという方がいらしたら、こんなふうに考えてみてはいかがでしょうか。

人間関係の悩みの多くは、「相手が自分のことをこう思っているのではないか?(そう思われていたら嫌だなあ)」というものです。

このような悩みがどのようにして発生するかというと、
まず、相手の発言や行動から、自分の脳が、「相手は自分のことをこのように思っているのではないか?」という仮説を作り出します。
すると、その仮説に合致する相手の発言や行動を、漏らさずキャッチするようになります。

なぜなら、人間の脳は、自分にとって重要だと思うものを認知する性質があるからです。

すると、「自分の立てた仮説はやはり正しかった」と、仮説がどんどん強化されていきます。

このような人間関係の悩みは、本当に相手がそう思っているのかどうかには、関係ありません。
自分の脳が作り出したものに基づいて、悩みが発生しているのです。

自分の脳が、相手の発言や行動からどのような仮説を作り出すかは、過去の経験に基づいています。
家族や学校の先生、友達など、周囲の人との関わりから、人は相手の考えを推測するようになります。

では、どのようにしたらこの悩みを解決できるのでしょうか?

簡単に言うと、「相手が自分をこう思っている」という仮説を創り出す元になっている、過去の自分を捨ててしまうことです。

私達の脳は、「これまでの自分」にとって重要な情報を取り入れ、それ以外のものは受け入れません。
この機能があるから、人は昨日と同じような今日を過ごすことができるのです。
これはとても強い力で、簡単には抜け出せません。

これまでの自分は、他人の言葉から出来上がっています。
他人は、過去の自分を見て言葉を投げかけてきますから、本当はこうしたい、こうなりたいという未来の自分とは乖離が会って当たり前です。

まずは、なりたい自分を持つこと。
他人の言葉は、なりたい自分に意味のある言葉は取り入れ、そうでない言葉は放っておきます。

自分が本当に目指したい未来(ゴール)を持ち、自分は必ずそれを達成するという高い自己評価を保っていれば、過去の自分を見ての他人の評価など、まったく気に留めるべきものでないことがわかります。

仮のゴールでも構わないので、まずはゴールを一つ、設定してみることをお薦めします。

そして、「そのゴールを達成している自分は、今どうあるべきか?」を具体的にイメージし、その臨場感を高めていきます。
(臨場感:あたかもその場にいるような感じ)

すると、いつの間にか他人の評価など、全然気にならなくなっていることに気付くはずです。

ーーー
コーチは、ゴール設定のお手伝いや、ゴール達成に向けて自己評価を高めていくお手伝いをします。

コーチングメニューが気になる方はこちらへ。
(5月より価格改定しています。)

「誰かのために」という思いで起業しているお母さんの会、にご興味がある方へ。

詳細はこちらです。
ただいま入会いただくと、5月度のお茶会から参加できます。
 —
◯ライン講座「コーチ小堤明子なりたい自分になる講座」
子育て中のお母さんのために始めましたが、どなたにも役立つ情報を配信しています。
または
@wcq9508r

まで、お気軽に友達申請ください。

常に一段上の抽象度で相手に接すること

素敵なメンバーの皆様と
『「誰かのために」という思いで起業している、お母さんの会』。
自分だけのためではなく、誰かのために何かをしたい。
自分も含む、より多くの人の幸せを願う。
そんな大人が増えていけば、子供達のために、よりよい未来を創っていけるのではないかと思い、月に一度、お茶会を開催しています。
 
 
今回は、4名の方々にご参加いただきました。
いつものように、初対面の方々の自己紹介の後は、お互いの近況や体験を共有していきました。
最近、人間関係の中で強烈な批判を受けた方が何名か、いらっしゃいました。
落ち込んだ、という方もいらっしゃいましたが、中には、
「これはドリームキラーだ!」とわかり、相手に心を乱されること無く、行動された方もいらっしゃいました。
さすがです!と、思わず私も嬉しくなってしまうようなお話でした。
また、批判をうまく受け流した事例を、共有して下さった方もいらっしゃいました。
自分のコンフォートゾーンを乱された場合に、人は怒りやいらだち、脅威を感じ、何とか相手をもとに戻そうとします。
その結果、怒り出したり、相手を批判したりすることがあります。
それ受けた時に、落ち込んだり、自己評価を下げたりしてしまうのは、とても勿体ないことです。
ドリームキラーが出現するということは、自分が変わっていっているということなので、「やった!私はゴールに向かっているんだ」と思うくらいでちょうどいいです。
真正面から相手に付き合って、同じレベルで議論する必要はないということです。
参加者はみなお母さんたちなので、親子関係にも似ているね、という話も出ました。
子どもの言うことに、同じレベルで付き合って言い争ってしまうのではなく、常に一段上の抽象度で相手に接すること。
それで実際に親子関係がうまくいった、という事例も挙がりました。
会の後半は、このメンバーでイベントをやってみたいね、となり、いい場所があるかな?という話などをしました。
私はこれまで、イベントというと、レンタルスペースを借りることだけを考えていましたが、コインランドリーに人が集まる、ランドリーカフェという事例もあると伺い、イベントをやれる場所は意外と幅広いのではないか?と気づきました。
私自身のスコトーマ(盲点)に気づき、外していただくという、貴重な体験でした。
その日から、新たな目で周囲を見渡しています。
お互いの商品に関心を持ったり、コラボの可能性を探ったり。
そんな関係も少しずつ見えてきています。
起業家同士、お互いにとってよいことが生まれる場にしていきたいと感じました。
そして、この1ヶ月PTA会長として怒涛の日々を過ごしてきた私自身が、抽象度を上げ、新たなゴールを設定できた日にもなりました。
私のやりたいことはこの程度ではない。
もっともっと大きなゴールに向かっているのだと気づきました。
これも、参加者の皆さんのおかげです。
どれほど感謝しても足りないくらいです。
『「誰かのために」という思いで起業している、お母さんの会』。
素敵なメンバーの皆様と、これからも静かに続けていきます。

「誰かのために」という思いで起業しているお母さんの会、にご興味がある方へ。

詳細はこちらです。
ただいま入会いただくと、5月度のお茶会から参加できます。
 —
◯ライン講座「コーチ小堤明子なりたい自分になる講座」
子育て中のお母さんのために始めましたが、どなたにも役立つ情報を配信しています。
または
@wcq9508r

まで、お気軽に友達申請ください。

望む未来を創り出している方々との時間

『「誰かのために」という思いで起業している、お母さんの会』。

誰かのために何かをしたい。
自分も含む、より多くの人の幸せを願う。

そんな思いで始めたこの会にて、3月29日に第2回お茶会を開催しました。

今回も参加の方々は初対面だったので、まずは自己紹介から、、、と思ったら、お二人とも互いの活動にとても興味をもたれたようで、話は尽きません。

お互いにインタビュアーのように話を紡いでいかれ、早くもご自身の活動に取り入れるヒントを掴まれた様子でした。

日頃の経験の中から、

・やりたいことがあっても、以前は考えすぎて躊躇していたが、ある時からさっと行動できるようになった

・何かうまくいかないことがあっても、くよくよせずに明日は良い日と思えるようになった

などの体験を共有していただきました。

私からは、話の中で、

・自分も周囲の方々も幸せになっていくにはどうしたらいいか?目の前の人のエフィカシーをいかにあげられるかをいつも考えていると、自分のエフィカシーも上がる。
(エフィカシー:ゴール達成への自己能力の自己評価。「私はできる」という、根拠のない確信。)

・前に一度やると言ったことでも、やはり違うと思ったらやめる。そうでないと、have to~(ねばならない)になってしまう。

といったことをお伝えさせていただきました。

自ら望む未来を創り出している方々と時間を共有することは、私にとっても、とても貴重なことでした。

お茶会を開催していて感じるのは、人は言語以外の部分で多くのやり取りをしてい
る、ということです。

お茶会では、コーチングセミナーの時のように、コーチングの理論を筋道立てて話すことはしていません。

それでも、参加者の方々に確実にお伝えできていることがあると実感できますし、私自身にも学びがあります。

考えているよりとにかくやってみよう、と思って始めた『「誰かのために」という思いで起業している、お母さんの会』。

イベントやっちゃう?など、楽しいゴールを共有しながら、静かに続いていきます。

 

「誰かのために」という思いで起業しているお母さんの会、にご興味がある方へ。

詳細はこちらです。
ただいま入会いただくと、4月度のお茶会から参加できます。
 —
◯ライン講座「コーチ小堤明子なりたい自分になる講座」
子育て中のお母さんのために始めましたが、どなたにも役立つ情報を配信しています。
または
@wcq9508r

まで、お気軽に友達申請ください。

コーチングセッション、トライアルセッションはこちらから

最上のものは過去ではなく未来にある

昨日は、子どもたちの通う小学校の卒業式でした。


5年生の娘は在校生代表として参列しました。


卒業生は、証書授与の時、一人ずつ壇上で将来の夢や目標を発表します。


娘が、「Kさんの言葉がとても良かった」と、私に話してくれました。


その内容が素晴らしかったので、Kさんの保護者の方にお願いをして、お子さんの発表された言葉を改めてお聞きしました。


ご本人、保護者の方に了解を得て、その言葉をこちらに記載させていただきます


ーここからー


最上のものは、過去ではなく

未来にある

この言葉を信じて

でも過去を大切にしながら

生きていきたいです


ーここまでー


インターネットで調べていくと、NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」で、校長先生が卒業式でスピーチされた内容に
最上のものは過去にあるのではなく将来にあります 


というものがありました。


Kさんは小説「赤毛のアン」を愛読していたそうなので、もしかしたら本かドラマからこの言葉を知ったのかもしれない、などと想像しました。

 

現状の延長線上にはない未来がある、と信じて生きていく人には、望む未来を実現する力があります。

 


なぜなら、「こうなりたい」と、望む未来を持っている人は、世の中にあふれる情報のなかから、自分の望む未来に関係がある情報を選んで認知することができるからです。


雑踏の中でも、自分の名前を呼ばれればちゃんと聞こえるように、人間の脳は、自分にとって重要な情報を選択して認知する力があります。

(それがないと、あらゆる情報を認知してしまい、脳がそれを処理するエネルギーが膨大になります。それでは人間の消化器官で作り出せるエネルギーを超えてしまうため、脳は情報を選択するようにできています。)


一方、「自分はまあこんなもんかな」と思っている人は、「まあこんなもんかな」に対応する情報を選択して認知してしまいます。

卒業式で、最上のものは未来にあると信じる、と宣言されたKさんは、その言葉のとおり、最上の未来をつかんでいくことでしょう。


生まれたときは誰でも、未経験のことにチャレンジし実現する力を持っています。

だからこそ、人は立って歩き、ものを食べ、言葉を話すようになります。


しかし、いつの間にか私達は、「やったことがないから無理」「失敗したからできない」という考えを持つようになってしまっています。生まれたときにはなかったのに、家庭や学校、社会の中で、いつのまにかそういう思考を持つようになってしまうのです。

そんな世の中にあっても、最上のものは未来にあると信じられる素晴らしいお子さん、そしてそのお子さんを育てたご家族の皆様を、心から尊敬します。

 
 —
◯ライン講座「コーチ小堤明子なりたい自分になる講座」
子育てを題材にすることも多いですが、どなたにも役立つ情報を配信しています。
または
@wcq9508r

まで、お気軽に友達申請ください。

「誰かのために」という思いで起業しているお母さんの会、にご興味がある方へ。

詳細はこちらです。
ただいま入会いただくと、3月度のお茶会から参加できます。
3/29開催です。
トライアルセッションはこちら

テストの結果がおもわしくなかったときの声掛け

先日、地元のお母さんたちとのお茶会にて、面白い話がでたのでご紹介します。
受験生の子の、模擬テストの結果が思わしくなかった時にどうするか?という話になりました。
あるお母さんは、
「あと1年だから。あと1年我慢すれば、お兄ちゃん(受験に合格)のようになれるよ!」
と声をかけたそうです。
別のお母さんは、
「勉強しなかったんだから当然だよね。」
と言ったあとに、
「でも、勉強しなくてこれだけできたのだから、勉強したらきっとすごいことになるよ!」
と言ったそうです。
そしてあるお母さんは、泣き出してしまったお子さんに、
「泣くことないわよ。勉強しなかったんだから当然じゃない~」
と言った、ということでした。
これには皆さん、一瞬止まったのち、
「えーっ!!」
「それはないよ」
「表情は優しいけど内容はキツい!」
と、皆さん目が点になってしまいました。
受験生の子を持つお母さんたちは、模擬テストの結果に一喜一憂してしまいがちですが、
いちばん大切なのは、お母さんがお子さんのゴール(仮のゴール)達成を確信していることです。
ここには根拠は不要です。
模擬テスト前に勉強したから、していなかったからなどは一切関係ありません。
結果が悪かったのは勉強をしなかったからかな、と思っているお子さんには、
「今回はあなたらしくなかったね。」と話しかけ、
お子さん自身が次からどうするかを自分で気づいていけるようになればいいですね。
また、「あと1年の我慢だから」というのは、受験勉強をやりたくないこと、我慢するようなことと位置づけてしまいます。そうすると、受験勉強が、have to~のことになってしまいます。
一流のプロ野球選手が、毎日素振りをするのをhave to~だと思ってやっているでしょうか?
やりたいか、やりたくないかではなく、「一流選手の自分が素振りをするのは当たり前」だから、無意識に行っていることでしょう。
野球選手にとって素振りは、呼吸と同じくらいあたり前のことなのです。
それは、「自分は一流選手なのだ、だから素振りをするのは当然」というセルフイメージがあるからです。
受験生にとっての勉強も同じです。
入学試験に合格することはゴールではありません。
その学校に何故入りたいのか、入ってどうしたいのかがゴールです。
例えば、自分がゴールを達成し、望んだ学校生活を送っているセルフイメージを強く持つと、そんな自分が勉強するのはあたり前のことになります。
そうすれば、他の人から「勉強しなさい」などと言われなくても、本人にとって当然のことだから勉強するようになるのです。
このように、全て物事は思考が先に変わり、物理世界はあとから変わっていきます。
先日のお茶会では、そんなことをお伝えさせていただきました。
お茶会で、私がとても嬉しかったのは、
「もっと勉強しなさい!」と言う前に私の顔が頭に浮かび、言うのを思いとどまった、
というお話を伺ったことでした。
お茶会に継続して参加していらっしゃる方々は、コーチングの理論を学び、子育ての現場で実践しています。
コーチングは学ぶだけでは何も変わりませんが、実践することで、お子さんや自分自身に変化が起こります。
それを実感していただけているからこそ、皆さん継続してお茶会に参加してくださっているのだと感じます。
ーー
◯ライン講座「コーチ小堤明子なりたい自分になる講座」
子育てを題材にすることも多いですが、どなたにも役立つ情報を配信しています。
または
@wcq9508r

まで、お気軽に友達申請ください。

「誰かのために」という思いで起業しているお母さんの会、にご興味がある方へ。

詳細はこちらです。
ただいま入会いただくと、3月度のお茶会から参加できます。
3/29開催です。

いるだけで周囲に影響を与えていく生き方

昨日2/20に、

「誰かのために」という思いで起業しているお母さんの会

の初めてのお茶会を開催しました。

素敵な参加者の方々と。ちょっと逆光です。

参加された方々に、どうして参加してくださったのかを聞くと、「お、明子さんがなにか新しいことを始めたぞ~、面白そうだから参加してみよう!」という動機で参加してくださったとのこと!

・・・大変光栄です(笑)。

自己紹介や、各々のやりたいことなどを話しながら、

・ゴールの大きさはどれくらいが適切なのか?
・価値観や職業は時代とともに移り変わる。そんな中で親は子に何をどう伝えていくのか?

などについて、コーチングの理論をお伝えしたり、また互いに考えを交わしたりしながら、理解を深めていきました。

参加者の方々は日頃から、各々のお仕事の領域において、日常的に非言語での情報のやり取りをされている方々です。

そのためか、私がこの会でやりたいを、早くも感じとっててくださったようです。

会の中で、
「プロコーチでなくても、いるだけで周囲に影響を与えていく生き方をすればいいんですね!」

というコメントをいただけたことが、何より嬉しいことでした。

人間の可能性は無限大であると信じ、

それを互いに最大限に引き出し、
他者のために役立つことをみんなでやっていければ。

私達はとてつもないパワーを発揮できると、私は確信しています。

世の中には、

◯◯万円稼げます!

といった講座やコミュニティはたくさんあるので、それは他の方にお任せします。

そうではない、他者のために何かをしたい人たちの小さなコミュニティを作ったら面白いかも?という発想で始めたこの会、

・講座やイベントの企画

・遠足!?

など、起業家ならではの楽しい企画も飛び出し、早くも発展の気配を感じます。

ゴールは大きく。

活動は楽しく。

皆子どものいるメンバーだから子供優先で。

リラックスして続けていきます。

次回のお茶会は、今回参加できなかったメンバーも参加予定で、ますます楽しく、盛り上がりそうです。

カフェの窓からは渋谷スクランブル交差点が見下ろせます。
ーー
「誰かのために」という思いで起業しているお母さんの会、にご興味がある方へ。
詳細はこちらです。
ただいま入会いただくと、3月度のお茶会から参加できます。
ーー
◯ライン講座「コーチ小堤明子なりたい自分になる講座」
どなたにも役立つ情報を配信しています。
または
@wcq9508r

まで、お気軽に友達申請ください。

子供本人も何をやりたいかわからない場合は?

先日のブログ
に、ライン読者様からご質問を頂きました。
ーーーここからーーー
「親がやらせるのではなく、子供がやりたいことを応援する。」と、ありましたが、何でも興味があるお子さんは「あれやりたい、これやりたい」と主張するかもしれませんが、そこまで主張せず、子供本人も何をやりたいかわからない子供の場合、放っておいたらなんとなく時間が過ぎて大人になり、なんとなく何をしたら良いかわからない大人になる可能性が高いです。(私がその例でした)
親が強制的にならず、子供の興味をうまく引き出すのは親の役目であると思いますが、その考えは間違っていますか?
ーーーここまでーーー
以下は、ご質問に対する回答です。
辻井いつ子さんは、生後8ヶ月の信行さんに、毎日ありとあらゆるジャンルの音楽を聴かせたそうです。
ご自身の興味とは関係なく、童謡、ポップスやクラシックなど何でも。
その中で唯一、信行さんが反応して、嬉しそうに足をバタバタさせたのがショパンのピアノ協奏曲だったとのことでした。
親は情報を提供し、子供をよく観察して、ほんのささいな変化も見逃さないのが大事、というお話でした。
子供が自分で知ることのできる情報は限られているので、親が色々な情報を見せてみることは重要です。
その中で1つでも子供が興味を持ったら、それで充分です。

やってみて、やっぱり違ったからやめるでも構いません。

それは違ったとわかるだけ、何もやってみないよりは良いのです。

「これをやりなさい」ではなく、「こんなのもあるよ」と情報を提示し、あとはニュートラルな気持ちでじっくり観察する。
子育ての様々な場面で、応用できそうですね。
◯ライン講座「コーチ小堤明子なりたい自分になる講座」
どなたにも役立つ情報を配信しています。
 https://line.me/R/ti/p/%40wcq9508r
または
@wcq9508r

まで、お気軽に友達申請ください

 ◯「誰かのために」という思いで起業しているお母さんの会

2月度のお茶会は終了しました。

ただ今のお申込みで、3月度お茶会からご参加いただけます。