エフィカシーの高い事例

引き続き、「エフィカシー」をテーマにお伝えしていきます。
エフィカシーとは、「ゴール達成への自己能力に対する自己評価」です。
エフィカシーの高い事例として、プロゴルファーのタイガー・ウッズ選手のエピソードを紹介します。
ある大きなゴルフの大会で、タイガー・ウッズは相手がパットを外すと自分が優勝する、という場面にいました。
そこで相手がパットを外しました。
そのとき、タイガー・ウッズはどのような表情をしたでしょうか?
タイガー・ウッズの表情は、「喜び」ではなく「怒り」でした。
なぜでしょうか?
タイガー・ウッズの自己評価は、「自分は世界最高峰のプレーヤー」でした。
そのような自分は、相手が外して優勝などありえない、次のラウンドで勝負して勝つ、と思っていたのです。
それなのに相手が外してしまったため、自分のエフィカシーが下がってしまう、そのことに対して怒りをにじませたのです。
ここで重要なのは、エフィカシーが「自己評価」であるということです。他人との比較ではないのです。
だから、他人に勝って優勝して嬉しい、というのではなく、自分が世界最高峰のプレーヤーである、というエフィカシーを崩されたので怒った、となるのです。
エフィカシーは、トップアスリートだけのものではありません。
私達も、同様に自分の能力を自己評価できるのです。
私達の未来の可能性は無限大です。だから私達も、高いエフィカシーを持つことができるのです。
現状や他人からの評価にとらわれず、自分が本来あるべき姿を志高く、思い描きましょう。
そうすると私たちは、それと違う現状に不満を感じ、無意識が本来あるべき姿へと自分へと導いていくのです。
本当のあなたは、とても素晴らしい存在なのです。
そのことを、まず自分自身で確信するようにしましょう。

エフィカシーを高めるセルフトーク

今回も「エフィカシー」についてお伝えしていきます。
昨日、エフィカシーとは、「ゴール達成への自己能力に対する自己評価」で、過去の実績や他人の評価には一切関係ないとお伝えしました。
あなたの今のエフィカシーがどの程度のものか、簡単な質問で確認していきましょう。
あなたは仕事で(育児でも何でもいいのですが)失敗をしました。
さて、そのときにあなたが頭のなかで思う事(セルフトークといいます)はどんなことでしょうか?
①やっぱり失敗してしまった。私には無理だった。
②この失敗は私らしくなかった。今度からこうしよう。
①はエフィカシーが低い状態、②は高い状態です。
言葉の力は絶大で、あなたは自分で思っているとおりの人になります。
①のセルフトークが身についている人は、「やっぱり」「私には無理」というところで、私はダメな人間だという刷り込みを自分でしてしまっています。
とても自己評価の低い状態です。
一方、②は、「自分らしくない」とネガティブなセルフイメージをきっぱりと否定しています。そして、「今度からこうする」と、理想的な自分をイメージできています。高い自己評価の人です。
失敗の内容は同じでも、セルフトークの違いから、これだけエフィカシーに差があることがわかります。
なりたい自分になるために、現状の外にあるゴールを達成するためには、エフィカシーを上げていく必要があります。
この例に、エフィカシーを上げるヒントがあります。
あなたは自分で思っているとおりの人になるのですから、セルフトークを変えてしまえばいいのです。
失敗した時には必ず②の「自分らしくない、今度からこうする」を言います。
そして成功したときには「私らしい」「やっぱり私ってすごい!」「さすが私」と言います。
お子さんがいる方は、お子さんに対しても同じように言葉がけしていくといいでしょう。
しばらく続けてみてください。
なにか変化が感じられますか?
エフィカシーは一人でも高められますが、集団で高めていくと、互いに高め合う相乗効果が発揮され、エフィカシーの高い集団ができます。
あなたを起点に、みんながなりたい自分になっていく、エフィカシーの高い家族。
考えただけでも素晴らしいですね!
今日からできるセルフトーク、ぜひやってみてくださいね。

エフィカシーとは「自己評価」

エフィカシーについてお伝えします。
エフィカシーとは、
『ゴール達成への自己能力に対する自己評価』
です。
※言葉の解説
ゴールとは、
将来こうありたいと思う自分の姿や世の中の状態
現状の外にあって、達成方法がわからないもの
何が何でも自分で達成したいと思うもの
エフィカシーは「自己評価」です。
自分自身の能力を評価する時、普通にしていると私たちは、過去の経験や実績から評価しがちです。
「以前人前で話したときに緊張して失敗したから、私は人前で話すのが苦手だ」などと評価してしまいます。
また、他人の評価にも影響を受けます。
「あなたはいつも忘れ物をする」と親に言われて育った子供は大人になっても「私はいつも忘れ物をする」という自己評価になっています。
エフィカシーには、このような過去の経験や他人の評価は一切関係がありません。
エフィカシーには何の根拠もいりません。ただ、自分自身の能力を自分で評価するだけなのです。
私達の未来は、何もしないと過去の延長線上になりがちですが、なりたい自分になろうと、現状の外にゴールを設定した私達は、
過去の延長線上ではない、過去とは関係のない人生を歩もうとしています。
過去や他人の評価にとらわれず、自由に心のおもむくままに、自分自身の能力を評価してみましょう。
あなたは望めば何でもできる可能性を持っています。
どんどんエフィカシーをあげていきましょう!
これから何回かに分けて、エフィカシーについてお伝えしていきます。

ホメオスタシスを味方につける

「ホメオスタシス」についてお伝えします。
これはコンフォートゾーンをゴール側にずらすために、とても重要な概念です。
ホメオスタシスとは、「恒常性維持機能」のことで、生体をより長く生きながらえさせるために、生体の安定的な状態を維持しようとする傾向のことです。
例えば、私達哺乳類は体温を恒常的に保つ機能を持っています。私たちは暑い夏も寒い冬も、体温を36度前後に保つ事ができます。これにより、安定した生命活動ができています。
ホメオスタシスは現状を維持させようとする機能で、生命体にはとてもありがたいものです。
この講座で目指す「なりたい自分になる」という観点では、ホメオスタシスは最大の敵でもありますが、使い方しだいで強力な味方にもなります。
「変わりたい」ということに対して、ホメオスタシスはまず敵になります。
いつもと違う行動をしようとすると、ホメオスタシスは「それはいつもの君らしくないからやめたほうがよい」という方向に働きます。
以前、ボウリングの例を出しましたが、通常スコア60の人が20を出しても、100を出しても、ホメオスタシスが働き、結局最終的にスコアは60に落ち着きます。
なりたい自分になるためには、ホメオスタシスを味方につける必要があります。
「なりたい自分」の臨場感を高めていくと、ホメオスタシスは「なりたい自分」が現状だと判断し、そこを維持しようと働くようになります。
例えば、いつも待ち合わせに遅れてしまう人がいるとします。
この人は遅れることが通常なので、そこにホメオスタシスが働いています。
だから、余裕で間に合うように出かける準備していても何故かどこかでのんびりしてしまい、結局遅れてしまうのです。
この人が待ち合わせに遅れないようにしたいと思ったら、「待ち合わせ時刻前に目的地に着き、余裕をもって相手を待っている自分」を強くイメージします。
「私はいつも待ち合わせには余裕を持って着くので、気持ちがとても安らかだ。」などの言葉を毎日口にだして言うのもいいでしょう。
このイメージが、「私はいつも遅れる」という現状に勝ったとき、ホメオスタシスは味方になり、「遅れない私」を維持するように働きます。
なりたい自分になるために、ホメオスタシスを味方につけましょう。

タイムラグ

ゴールを意識して暮らすことで、少しずつ、日々が変化してきた方もいらっしゃるかもしれません。
「でも、全然ゴールに近づかない」と思っている方のために、「タイムラグ」についてお話します。
ゴールを設定し、ゴール側の臨場感を高め、エフィカシーを徹底的に上げて毎日を過ごしていても、実際に物事が変わるのにはタイムラグがあります。
変化は内面から訪れます。物理世界の変化はその後、必ず訪れます。
物理世界の変化は、すぐに現れる人もいますが、タイムラグがある人もいます。
あなたのゴールはあなただけのものですから、ゴールの達成を他人と比べたり、競争したりする必要もありません。
内面の変化は日々起こっているので、それを味わって、自分を肯定していきましょう。
タイムラグは必ずあるものだと知っていれば、焦らずにいられるでしょう。
自分は順調だと思うことが大切です。
エフィカシーを高めていけば、タイムラグがあっても確信が揺らがず、時を待つことができます。
エフィカシーを上げるための習慣をひとつ、お伝えします。
毎晩寝る前に、今日一番良かったことを思い出しましょう。
そのシーンを頭に思い描き、「やっぱり私ってすごいよね」と自画自賛します。
眠りにつく直前の人の脳は、イメージしたものの臨場感が高まりやすい状態にあります。
ここで、今日失敗したことを反省したりしては絶対にいけません。
ただうまくいったことを思い出し、自分を賞賛するセルフトークを浴びながら、幸せな状態で眠りにつきましょう。
このセルフトークは、エフィカシーを高めるのにとても効果が高いので、毎日行ってください。
これを毎日やっていると、日々自分の良かったところを探すようになります。
勿論たくさんあります。
ただ今までは、探そうとしなかったので見えていなかっただけです。
先程、寝る前の息子に、「今日何が一番良かった?」と聞いたら、「歯磨きのうがいの水を水道からだすときによそ見していたけど、ちゃんとコップに命中していて、しかもあふれる前にちゃんと止められた」と嬉しそうに言っていました。
ここで、「わーすごいね、◯◯くんは天才だね!」とすかさず言います。
内容ではなく、本人が自分のことを素晴らしいと思っている、そのことが重要なのです。
自分自身への賞賛のセルフトーク、やってみてくださいね。
これをやっていると、自己評価が高まり、他人のことが気にならなくなります。

何かが変わろうとしていると感じた時

今日は、「何かが変わろうとしていると感じた時」のことをお伝えします。
ゴールを設定し、ゴール側へコンフォートゾーンをずらそうとエフィカシー(=ゴール達成の自己能力への自己評価)を日々高めていると、やがて、何かが未来からやってきます。
今までの自分なら気づかなかったか、スルーしてしまっていた何か。
例えば、ゴールへとつながる分野の仕事の依頼がきたり、ゴール側のコンフォートゾーンを持っている人に会うなどです。
日頃から常にゴールを意識しているあなたなら、「来た!これだ!」と、すぐに気がつくでしょう。
そのチャンスを掴むかどうか?
ここで最もやってはならないことは、過去や現在の自分に対する自己評価から、「私にはできない」「やったら失敗しそう」と思って、チャンスを掴まないことです。
人間は、ホメオスタシス(もとに戻そうとする力)を持っているので、何もしないと現状を維持するようにできています。
何か新しいことをしようとすると、ホメオスタシスが「それはコンフォートゾーンではないからやめておけ」とささやくのです。
「今私はホメオスタシスにより現状に引き戻されようとしている」と気づいたら、「私が将来ゴールを達成するためには、いまこれくらいできて当然だ!」というセルフトークとともに、コンフォートゾーンを一気にずらしてしまいましょう。
エフィカシーが高い人は、いざチャンスが来たときにこれがすんなりとできます。
ですので、いつチャンスがきてもいいように、日頃からエフィカシーを高めておきましょう。
この講座ではこれまでも、セルフトークを変えることでエフィカシーを高める方法をいくつか紹介してきました。
「今日はいい日だ」「私は運がいい」「やっぱり私ってスゴイ!」「さすが私!」「(成功したら)私らしい!」
セルフトークの力はものすごく大きいです。高い自己イメージ、高いエフィカシーを創り出します。
一日何回も、事あるごとに口にだし、無意識に出るまで繰り返しましょう。

やりたくないことをやめる思考実験

これまで2回にわたり、「ねばならない」をやめることについてお伝えしてきました。
あなたは、やりたくないことをやめられましたか?
あらゆる行動を、やりたいか、やりたくないかで判断して選別する習慣をつけましょう。
これは、「やりたくないけど、仕方なくやる」をコンフォートゾーンにしていた人にとっては最初は慣れないと思いますが、これができるようになると、あらゆることのパフォーマンスが飛躍的に向上します。本当に楽しくなる位変わるので、体感していただきたいです。
そうはいっても、やりたくないことをやめるなんて急にはできない、という方のために、
今日は「やりたくないことをやめる思考実験」についてお伝えします。
まず、「やりたくないこと」を5個から10個、書き出します。
次に、その中から最もやりたくないことを選びます。
そして、そのことを思考実験の中でやめてみるのです。
例えば、今の仕事をやりたくない、という方は、今の仕事の中で何をやりたくないのかをリストアップして特定します。
とにかく全てがやりたくない、と最初は思っていても、実は我慢のもとは1個から数個の原因に集約されることがほとんどです。
そして、その真の原因たる「やりたくないこと」を、「やめたらどうなるか」「やめるにはどうするか」を考えます。
例えば、会社の人間関係が複雑で、毎日同じ人とランチを食べに行くのが憂鬱ならば、思い切ってランチは一人で食べることにする思考実験をしてみます。
実際にその通りにやってみても、周囲の人は最初はびっくりしますがすぐに慣れてしまい、そのことをなんとも思わないはずです。
新たにできた昼の一人の時間を使って、あなたは有益な何かをすることができます。
そのほうがずっといいですよね。
このように、思考実験をすることで、自分の仕事や生活の中に、「嫌々やっていたけれど本当はやらなくても良かったこと」がたくさんあることに気づきます。
「やりたくないけど、仕方なくやる」がコンフォートゾーンになっていると、 「やらなくても大丈夫」はスコトーマに隠れて見えません。
思考実験でコンフォートゾーンをずらし、スコトーマを外していきましょう!

家庭がメチャクチャになりそうです!

「セルフトークから『しなければならない』を追放する」に質問をいただきました。
母である私が、家事、育児、仕事を放棄したら、家庭がメチャクチャになりそうです。
家庭が崩壊しないで、やりたいことをやって生きたいです。
私も少し前まで、同じ思いでした。
私が片付けなければ、部屋中散らかっているので困る。
私が掃除しなければ、部屋は汚いままでダメだ。
家が片付いてないなんて、私はなんてダメな主婦なんだ!
でも、本当にそうなのでしょうか?
子供たちが寝た後、我が家のリビングの床の上は、ランドセルや学校のもの、おもちゃで溢れています。
我が家の子どもたちは散らかっているのが大好きなので、決して片付けません。
仕事で疲れて帰宅する夫に、片付いた家でくつろいでもらいたい、という気持ちになったら、私が片付けます。
そうすることで、私にとって片付けは「しなければならないこと」ではなく、「やりたいこと、またはやると自分で選んだこと」になりました。
やりたくないときにはやりません。
子どもたちが自ら片付けるようになればもっと良いと思うので、今はそれを目指しています。
食事の支度を苦痛と思っている人は、回数を減らしてもいいんです。
江戸時代まで、日本人は一日2食だったといいます。
相撲部屋は今でも一日一食です。
子どもたちに食事を作ってもらってもいいんです。
子どもたちがご飯の支度をしたくなるようなアイディアを提案してみてはどうでしょうか。
掃除もしなくてもいいんです。
家族がホコリの多さに咳き込んでからようやく掃除したっていいんです。
余談ですが、私は年末に大掃除をしなくても年を越せることに気づいてから、もう20年以上年末に大掃除をしていません。
でも、家を整えたいから自分でやることを選んだのだとしたら、食事づくりも掃除も「やりたいこと、またはやると自分で選んだこと」ですよね。
もっといえば、離婚して家族の構成を変える人もいるかもしれません。
それも選択肢の一つです。
でも、配偶者や子どもたちと一緒に暮らしたいから、みんなを幸せにしたいから、結婚し続けているのだとしたら、それは自分で選んだ道で、やりたいことなのです。
あなたがやりたくないけど仕方なくやっていることを、一つ一つ吟味してみてください。
あなたのゴールに合致していないことは、全て放棄して構いません。
常識や他人の意見は一切関係ありません。
常識の枠を外し、「やりたくないのに仕方なくやっている」ことをなくしましょう。
ーーー
私たちはたいてい、世間の常識という「他人のものさし」に振り回されて生きています。
子供を学校にいかせなければならない、一日三食食べさせなければならない、 仕事をしなければならない、化粧をしなければならない、ママ友と仲良くしなければならない、等々。
それらは本当に、絶対にやらないといけないことでしょうか?
日本国憲法で、保護者は子供に教育を受けさせる義務があると定められています。
拳法に定められている義務を守れば、不登校でもフリースクールでも通信教育でもいいんです。
日本国憲法の力の及ばない海外で暮らしてもいいんです。
その上で私たちは、日本で暮らすことを選択し、学校に通わせることを選んでいるのです。
このことに気付くと、スコトーマが外れ、今まで見えていなかった選択肢が見えてきます。
これが、コンフォートゾーンをずらすきっかけになるのです。
自分の人生を取り戻し、主体的に生きていきましょう!!
コーチ小堤明子

セルフトークから『しなければならない』を追放する

今日は「セルフトークから『しなければならない』を追放する」ことについてお伝えします。
「早起きしなければならない」「仕事にいかなければならない」「食べなければならない」と考えることを自分に許してはいけません。
それらは真実ではないからです。
人間に、しなければならないことは一つしかありません。
それは、「いつかは死ななければならない」ということです。
それ以外のことは全て、自分が選択していることです。
「しなければならない」と口にしたり思ったりするたびに、人は責任を放棄し、自尊心を失います。
「私は自分の意思に反して、強制的にこれをやらされている」ということを自ら刷り込んでいるのです。
結果を受け入れる覚悟さえあれば、私たちは本当は何でも選択できます。
繰り返しますが、本当は選択できるのです。
でもそれを選択しないのは、別の選択肢のほうが自分にとってよいと考えているからです。
例えば、私は娘に宿題をやれと一切いいません。その代わりこう伝えています。
「宿題をやるかやらないかは自分で決めなさい。そのかわり宿題をやらなかったら先生になんて言うか、自分で考えなさい。」と。
娘は宿題をやるか、あるいは「ノートを学校に忘れていったから宿題ができなかった」と先生に言い訳をするか、自分で決めています。
(他の家庭とちょっと違うかもしれないので、このことは事前に担任の先生にお話しておきました。)
宿題をきちんとやることよりも、しなければならないことを一つでも減らすことのほうが、娘の人生に価値があると私は思っています。
しなければ、を全て捨てると、自分の人生の主導権を握る事ができるのです。
あなたが今やっている、「しなければならない」ことを紙に書き出してみてください。
そして一つ一つ、本当にしなければならないのか、そうではなく最善の手を選択した結果なのかを吟味してみてください。
このプロセスだけでも行う価値が充分にあります。
その結果はどうでしょうか?
そのとき、あなたの気持ちはどうなりましたか?
人生の主導権を握る瞬間を感じていただけたら嬉しいです。
コーチ 小堤明子

今日一日を良い日にする方法

今日は、「今日一日を良い日にする方法」をお伝えします。
朝起きたときに、一杯の水を飲むとともに、「今日はいい日だ!」と声に出していってみてください。
朝一番に、今日はいい日だとまず決めるのです。
するとどうなるでしょうか?
今日をいい日にするように、脳が情報を集め始めます。
人は、自分の見たいものを見て、聞きたいものを聞くようにできています。
無意識が情報をフィルターにかけ、自分に取って重要なものだけを選別するのです。
この性質を利用して、今日をいい日にしてしまいましょう。
良いことがあったら、「私はなんと運がいいのでしょう!」とすかさずいいます。
何かできたことがあったら、先日お伝えした「やっぱり私ってすごい!」を言います。
そうすると、一日の終わりに今日の良かったことを思い出す時間に、思い出すべきことが溢れてくるようになります。
毎日を良い日にして、脳を「快」の状態にしていきましょう。
コーチ 小堤明子